2013.04.30 (Tue)

国際庭園博覧会 順天湾 in KOREA 2013 コンサート

  EASTNOTE-.jpg 

                                                                              http://jpn.2013expo.or.kr/

20134月から6ヶ月間、「地球の庭園、順天湾」というテーマで、韓国で初めて順天湾国際庭園博覧会が開催されております。多様な庭園デザインを公開するイベントで、約150年前からヨーロッパを中心にして始まりました。   オランダに本部を置く国際園芸家協会が主管で開催する国際行事で、とりわけ注目すべきは、今までの博覧会   とは違い、閉幕後も会場を取り壊さずにそのまま活用するという点です。時間が経つほど樹木や花々はますます 豊かになるためです。なお世界初の国際庭園博覧会は、1862年のイギリス・ロンドンのケンジントンで開かれた 「グレート・スプリング・ショー」でした。

_MG_8100 (1)

EASTの曲は自然と人間がテーマになった曲ばかりなのですが順天湾庭園博覧会の自然環境ととてもマッチする 演奏会となりました。 
DSC_0724.jpg 
_MG_7675.jpg
_MG_7890.jpg
DSC_0484_edited-1.jpg 
「農夫の喜び」という曲は、韓国の伝統舞踊手と農楽チームが一緒に舞台を創りましたが、若い男女が踊ることで喜びの世界をわかり易く表現し、今までに見たこと、聞いたことのない文化の誕生となりました。
_MG_8369.jpg
 
DSC_0290.jpg
EASTの曲は自然の美しさを音楽によって感じて、心と体が健康になって行くことのできる音楽治療の観点からも好評を得ていますが、踊りとのコラボレーションによって、より癒されたことを強く感じることができた舞台でした。そしてアンコールの拍手が止まない中、アリランをオカリナで演奏し、舞踊と共に美しい世界を作り上げました。



 

18:53  |  活動履歴  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |